横浜市中区 離婚

債権回収/横浜市中区 離婚

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 横浜市中区 離婚
横浜市中区 または 離婚に関する基礎知識記事や事例
  • 債権回収債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえないという場合、お金の支払いを請求できる人のことを「債権者」と言い、お金を支払う義務がある人のことを「債務者」と言います。 そして、...

  • 神奈川県の誹謗中傷依頼は当事務所へおまかせください神奈川県の誹謗中傷依頼は当事務所へおまかせください

    神奈川県にお住まいで誹謗中傷にお困りの方は、アレイナ横浜法律事務所までご相談ください。 当事務所には、以下の3つの強みがあります。 1.経験・実績豊富な弁護士が在籍 弁護士に求められるものは、...

  • 後継者問題後継者問題

    事業を引き継いでくれる後継者が中々見つからないという場合、考えられる選択肢は4つ存在します。 ここでは、各選択肢についてご紹介します。 ・親族の者に事業を継承させる 親族の者に事業を承継するこ...

  • 遺言遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を実現させる」ための制度です。つまり、遺言は故人の最期の願いであり、同時に残された親族が故人の最期の意思を知ることができる、とても...

  • 会社の再生会社の再生

    企業経営において、債務を履行することができなくなってしまい不渡りを起こしたり、リストラなどを行っても資金繰りに窮してしまい企業経営がこれ以上継続できないという場合には、法律的にも解決ができること...

  • 神奈川県の離婚に強い弁護士をお探しの方神奈川県の離婚に強い弁護士をお探しの方

    離婚をする際には離婚が認められるための離婚原因があるのか、離婚が認められたとしても財産分与や養育費などをどのようにして決めていくのか、離婚に関して相手方に不貞行為などがある場合に慰謝料請求するか...

  • 風評被害を訴えるには風評被害を訴えるには

    インターネット上の書き込みなどで風評被害を受けた場合には相手方を訴えることが考えられます。その際には名誉毀損罪、信用毀損罪、業務妨害罪などが成立するとして刑事告訴することも考えられますが、相手方...

  • ネット上の風評被害対策ネット上の風評被害対策

    「事実でない内容でネットが炎上してしまい、絶え間なく誹謗中傷が寄せられてしまっている」 「SNSで悪口を書かれたが、事実無根のため、法的な対策を取ることはできないだろうか」 このように、ネット上...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害により、十分な判断能力を持っていない方を守るための制度です。例えば一人暮らしのご老人が、悪質な訪問販売員に騙されて高額商品を買わされてしまった、などと...

  • 遺留分・遺留分侵害請求権とは遺留分・遺留分侵害請求権とは

    遺留分とは兄弟姉妹以外の相続人が新盆には遺産分割協議の結果などにかかわらず、必ず最低限もらうことのできる相続財産のことをいいます。 遺留分侵害額請求権とは、遺留分を侵害している者に対して侵害額分...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 債権回収

    債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえない...

  • 労働災害

    労働災害

    「仕事中に怪我をしたにも関わらず、会社が労災保険の手続きをしてくれ...

  • 発信者情報開示請求とは

    発信者情報...

    インターネットが生活に欠かせないものになる中でネット上の誹謗中傷や...

  • 横領罪とは

    横領罪とは

    横領とは、不法に他人や公共の財物を自分のものとしたり、処分(利用す...

  • 神奈川県の離婚に強い弁護士をお探しの方

    神奈川県の...

    離婚をする際には離婚が認められるための離婚原因があるのか、離婚が認...

  • サービス残業

    サービス残業

    会社が残業代を支払わずに従業員に残業をさせる、サービス残業。「みん...

  • 2019年1月1日施行の著作権法改正の解説

    2019年...

    「著作権法の一部を改正する法律」は、平成30年5月25日に公布され...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

  • 迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条...

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定する...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市|神奈川県|東京都

ページトップへ