東京都 風評被害

刑事/東京都 風評被害

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 東京都 風評被害
東京都 または 風評被害に関する基礎知識記事や事例
  • 刑事刑事

    刑事事件は、 ①捜査の開始 ②逮捕及び検察送致 ③勾留 ④処分の決定 という流れで進められ、一般的な民事事件に比べ、迅速かつ適切な対応が求められます。 なぜなら、刑事手続きには警察官...

  • 取引先との契約問題取引先との契約問題

    企業を経営する場合には、必ず取引先というものが存在します。 こうした事業間のビジネスのことを「BtoB」ビジネスと言います。そして、事業者間「BtoB」の取引において発生するトラブルとして多く...

  • ネット上の風評被害対策ネット上の風評被害対策

    「事実でない内容でネットが炎上してしまい、絶え間なく誹謗中傷が寄せられてしまっている」 「SNSで悪口を書かれたが、事実無根のため、法的な対策を取ることはできないだろうか」 このように、ネット上...

  • 迷惑防止条例違反とは迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定することが認められ、制定された公共団体内でのみ効力を持つもの)の一つであり、正式には公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に...

  • 神奈川県の誹謗中傷依頼は当事務所へおまかせください神奈川県の誹謗中傷依頼は当事務所へおまかせください

    神奈川県にお住まいで誹謗中傷にお困りの方は、アレイナ横浜法律事務所までご相談ください。 当事務所には、以下の3つの強みがあります。 1.経験・実績豊富な弁護士が在籍 弁護士に求められるものは、...

  • 個人再生個人再生

    「個人再生」とは、裁判所を介して行う手続きであり、返済できなくなった借金を一定の基準に基づいて減額し、基本的には3年間、特約として5年間の分割払いによって借金を返済していく制度です。法的効力によ...

  • 風評被害を訴えるには風評被害を訴えるには

    インターネット上の書き込みなどで風評被害を受けた場合には相手方を訴えることが考えられます。その際には名誉毀損罪、信用毀損罪、業務妨害罪などが成立するとして刑事告訴することも考えられますが、相手方...

  • 労務問題労務問題

    時間外労働に残業代の未払い、セクハラやパワハラと言った職場でのトラブルのことを労務問題といいます。 こうした労務問題の相談件数は年々上昇し、平成24年には年間およそ107万件もの労働相談が寄せら...

  • 後継者問題後継者問題

    事業を引き継いでくれる後継者が中々見つからないという場合、考えられる選択肢は4つ存在します。 ここでは、各選択肢についてご紹介します。 ・親族の者に事業を継承させる 親族の者に事業を承継するこ...

  • 債権回収債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえないという場合、お金の支払いを請求できる人のことを「債権者」と言い、お金を支払う義務がある人のことを「債務者」と言います。 そして、...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 刑事

    刑事

    刑事事件は、 ①捜査の開始 ②逮捕及び検察送致 ③勾留 ④...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償は、民事上の責任です。 損害賠償には、積極損害、消極損害...

  • 後遺障害

    後遺障害

    人身事故では、後遺障害に対する損害賠償も問題になります。 後遺障...

  • 著作権とは

    著作権とは

    著作権とは自身が想像したものに対して複製する、上映する、譲渡すると...

  • 取引先との契約問題

    取引先との...

    企業を経営する場合には、必ず取引先というものが存在します。 こう...

  • 背任と横領の違い

    背任と横領の違い

    背任罪は、刑法247条で「人のためにその事務を処理する者が、自己若...

  • 過労死

    過労死

    過酷すぎる勤務の連続、その行き着く先が「過労死」です。ご本人の死亡...

  • 自己破産

    自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ