損害賠償請求

物損事故/損害賠償請求

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 損害賠償請求
損害賠償請求に関する基礎知識記事や事例
  • 物損事故物損事故

    物損事故で注意しなければならないのは、自賠責保険が適用されないということです。 そのため民法上の不法行為責任として損害賠償請求をする必要があり、相手の過失を被害者側が立証しなければなりません。...

  • 死亡事故死亡事故

    死亡事故とは、被害者が死亡した事故を指します。死亡事故は財産的損害と精神的損害について損害賠償請求することができます。 死亡事故において問題なのは、逸失利益の算定です。逸失利益とは、事故にあわ...

  • 損害賠償損害賠償

    損害賠償は、民事上の責任です。 損害賠償には、積極損害、消極損害、慰謝料の3種類に分けることができます。 積極損害とは、入院費など交通事故によって被害者が支出せざるを得なくなったものを指しま...

  • 自己破産自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務が免責されて借金の支払いに追われなくなります。 その代わり保有する資産をすべて清算し、不動産や自動車、預貯金・退職金、生命保険の...

  • 風評被害を訴えるには風評被害を訴えるには

    インターネット上の書き込みなどで風評被害を受けた場合には相手方を訴えることが考えられます。その際には名誉毀損罪、信用毀損罪、業務妨害罪などが成立するとして刑事告訴することも考えられますが、相手方...

  • ネット上の誹謗中傷の犯人を特定するにはネット上の誹謗中傷の犯人を特定するには

    5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)や爆サイドットコムといった、不特定多数の人間によって書き込みが行われるインターネット・SNS上の掲示板において、ご自身が誹謗中傷されてしまったという場合には、犯人の...

  • 著作権とは著作権とは

    著作権とは自身が想像したものに対して複製する、上映する、譲渡するといった独占的な権利を包括したもののことを指します。このような著作権の対象になるものを著作物といい著作権法によって「思想又は感情を...

  • 発信者情報開示請求の費用はいくら?発信者情報開示請求の費用はいくら?

    発信者情報開示請求を行う上で必要となる期間や費用について、以下にご紹介します。 ■発信者情報開示請求にかかる期間や費用とは まず、発信者情報開示請求にかかる期間としては、全体で8か月から9か月...

  • 風評被害対策を弁護士に依頼するメリット風評被害対策を弁護士に依頼するメリット

    ■風評被害とは 風評被害というのは、マイナスの印象を与えるような噂が流れることによって、経済的な損害を被るといった被害を受けることをいいます。風評被害の具体的な例としては、商品の品質や企業の労働...

  • 発信者情報開示請求とは発信者情報開示請求とは

    インターネットが生活に欠かせないものになる中でネット上の誹謗中傷や名誉棄損といったトラブルも増加しつつあります。典型的な例としてはネット掲示板やTwitterのようなSNSへの悪口、虚偽の事実の...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 暴力事件

    暴力事件

    暴力事件には、殺人事件や暴行・傷害事件をはじめ、脅迫・教養事件・公...

  • 年収600万の養育費は相場いくらになるか

    年収600...

    夫婦間において、どちらかが働いて年収600万円程度稼いでおり、どち...

  • ネット上の風評被害対策

    ネット上の...

    「事実でない内容でネットが炎上してしまい、絶え間なく誹謗中傷が寄せ...

  • サービス残業

    サービス残業

    会社が残業代を支払わずに従業員に残業をさせる、サービス残業。「みん...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で裁判手続きを経ないで行える借金減額方...

  • 発信者情報開示請求とは

    発信者情報...

    インターネットが生活に欠かせないものになる中でネット上の誹謗中傷や...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

  • 迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条...

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定する...

  • 債権回収

    債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえない...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市|神奈川県|東京都

ページトップへ