遺言

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市)|遺言

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 家庭の法律問題(相続、離婚など)に関する記事一覧 >
  3. 遺言

遺言

遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を実現させる」ための制度です。つまり、遺言は故人の最期の願いであり、同時に残された親族が故人の最期の意思を知ることができる、とても重要なものなのです。

この遺言には、3つの種類があります。

自筆であることに加え、署名捺印と日付の記入が必要になる「自筆証書遺言」。
遺言の作成にあたって、2名以上の証人の立会いを必要とする「公正証書遺言」。
そして、遺言書に何を書いたか、誰にも知られる心配のない「秘密証書遺言」。

この3種類を使い分けていただくことにより、ご自身の意思に沿った遺言書をお作りいただくことができるでしょう。

このように、遺言は故人がその生前の意思を後世に伝えるためのものであるとお伝えしました。しかし、残された遺族の方々にとってはどうでしょう。極端な話ですが、遺言で法定相続人以外の者に遺産の全てを相続することも可能なのです。その場合、遺族の方々は家や財産を失い、生活できなくなってしまう危険性があります。
それゆえ、法律では遺族に対し、「遺留分」を請求する権利を認めています。遺留分とは、遺言の内容に関わらず、故人の相続人が遺産の一定の割合を取得することができる制度です。この遺留分を請求することにより、遺族も一定の遺産を得ることが可能になります。

遺言に関する様々な制度は、遺言を遺される方にとっても、そして遺言を受け取る親族の方にとっても、非常に複雑で難しいものです。弁護士水野博之は、遺言に関する様々なご相談を承ることによって、お悩みを抱える皆様をお手伝いさせていただくことができます。お悩みの際は、お気軽に私たちにご相談ください。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害により、十分な判断能力...

  • 子どもの養育費

    子どもの養育費

    「相手が養育費を支払わない。強制執行することはできないのだろうか。...

  • 背任と横領の違い

    背任と横領の違い

    背任罪は、刑法247条で「人のためにその事務を処理する者が、自己若...

  • 個人再生

    個人再生

    「個人再生」とは、裁判所を介して行う手続きであり、返済できなくなっ...

  • 債権回収

    債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえない...

  • サービス残業

    サービス残業

    会社が残業代を支払わずに従業員に残業をさせる、サービス残業。「みん...

  • 相続

    相続

    大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題...

  • 迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条...

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定する...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で裁判手続きを経ないで行える借金減額方...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市|神奈川県|東京都

ページトップへ