賃金 規定

解雇/賃金 規定

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 賃金 規定
賃金 または 規定に関する基礎知識記事や事例
  • 解雇解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とされた場合にのみ、認められるものです。つまり、不当な解雇は法律上、認められていないのです。 また、会社の就業規則には、どういう場合...

  • 2019年1月1日施行の著作権法改正の解説2019年1月1日施行の著作権法改正の解説

    「著作権法の一部を改正する法律」は、平成30年5月25日に公布されました。この法律は ・情報通信技術の進展等に対応し,著作権者の許諾を受ける必要がある行為の範囲を見直し,著作物の利用を円滑に行う...

  • 自己破産自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務が免責されて借金の支払いに追われなくなります。 その代わり保有する資産をすべて清算し、不動産や自動車、預貯金・退職金、生命保険の...

  • 薬物・麻薬事件薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰則を規定している法律が違えば、その罰則の重さもそれぞれ違います。 しかし、いずれの薬物も依存性が高く、興味本位から乱用してしま...

  • 個人再生の流れやスケジュール個人再生の流れやスケジュール

    個人再生とは、法律に定められた規定に基づき借金を強制的に減額してもらう方法の事を指します。 3年~5年程度の期間で分割して金銭を支払うため、任意整理と似ている点はありますが、私人間の交渉で減額を...

  • サービス残業サービス残業

    会社が残業代を支払わずに従業員に残業をさせる、サービス残業。「みんなやっているから」「どこの会社でも当たり前」、このように言われ、あるいは無理やりそう自分に言い聞かせてサービス残業に徹している方...

  • 労働条件労働条件

    「合意していないのに、一方的に賃金を引き下げると言われた」 「仕事でミスをしたら、別部署への転属命令を出されてしまった」 会社にこのような対応をされてしまった場合、それが法律的に無効である場合...

  • 迷惑防止条例違反とは迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定することが認められ、制定された公共団体内でのみ効力を持つもの)の一つであり、正式には公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に...

  • 風評被害を訴えるには風評被害を訴えるには

    インターネット上の書き込みなどで風評被害を受けた場合には相手方を訴えることが考えられます。その際には名誉毀損罪、信用毀損罪、業務妨害罪などが成立するとして刑事告訴することも考えられますが、相手方...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 横領罪とは

    横領罪とは

    横領とは、不法に他人や公共の財物を自分のものとしたり、処分(利用す...

  • 労務問題

    労務問題

    時間外労働に残業代の未払い、セクハラやパワハラと言った職場でのトラ...

  • 発信者情報開示請求の費用はいくら?

    発信者情報...

    発信者情報開示請求を行う上で必要となる期間や費用について、以下にご...

  • 浮気・不倫の慰謝料請求

    浮気・不倫...

    「セックスレスが原因で浮気したと言われたが、慰謝料を請求することは...

  • 誹謗中傷

    誹謗中傷

    ■誹謗中傷とは 近年、インターネット上やSNS上の誹謗中傷が問題と...

  • 神奈川にお住まいで個人再生を考えている方へ

    神奈川にお...

    個人再生手続きは、自己破産程デメリットが大きくなく、任意整理と比較...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害により、十分な判断能力...

  • 薬物・麻薬事件

    薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰...

  • 取引先との契約問題

    取引先との...

    企業を経営する場合には、必ず取引先というものが存在します。 こう...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市|神奈川県|東京都

ページトップへ