覚せい剤 逮捕

覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合/覚せい剤 逮捕

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 覚せい剤 逮捕
覚せい剤 逮捕に関する基礎知識記事や事例
  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神薬取締法で製造から輸入、所持、使用などがほぼ全面的に禁止されています(一部医療用の麻薬に関しては例外的に所持、使用が認められてい...

  • 薬物・麻薬事件薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰則を規定している法律が違えば、その罰則の重さもそれぞれ違います。 しかし、いずれの薬物も依存性が高く、興味本位から乱用してしま...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 横領罪とは

    横領罪とは

    横領とは、不法に他人や公共の財物を自分のものとしたり、処分(利用す...

  • 自己破産

    自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務...

  • 子どもの養育費

    子どもの養育費

    「相手が養育費を支払わない。強制執行することはできないのだろうか。...

  • 年収600万の養育費は相場いくらになるか

    年収600...

    夫婦間において、どちらかが働いて年収600万円程度稼いでおり、どち...

  • 過労死

    過労死

    過酷すぎる勤務の連続、その行き着く先が「過労死」です。ご本人の死亡...

  • 個人再生

    個人再生

    「個人再生」とは、裁判所を介して行う手続きであり、返済できなくなっ...

  • 経済・財産事件

    経済・財産事件

    経済・財産事件とは、他人(国・公共団体を含む)の財産を侵害する罪で...

  • 刑事

    刑事

    刑事事件は、 ①捜査の開始 ②逮捕及び検察送致 ③勾留 ④...

  • 解雇

    解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とさ...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市|神奈川県|東京都

ページトップへ