会社の再生

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市内)|会社の再生

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 中小企業の法律問題に関する記事一覧 >
  3. 会社の再生

会社の再生

企業経営において、債務を履行することができなくなってしまい不渡りを起こしたり、リストラなどを行っても資金繰りに窮してしまい企業経営がこれ以上継続できないという場合には、法律的にも解決ができることがあります。
ここでは法律的な手段によって事業再生を行う手続きについてご紹介します。

法律的に事業再生を行う手続きには、再建型と清算型の二つの手続きが存在します。
再建型の手続きには、「民事再生」、「会社更生」、「特定調停」の三つがあり、清算型手続きには「破産」と「特別清算」があります。
法的整理手続きの中で通常、法的再生に用いられるものは、再建型手続きですが、清算型手続きでも事業譲渡などを行うことにより法的再生の一手法として用いることができます。
そして、上記の各手続きの中から、資金繰りや経営状況、取引関係等申立をする企業に応じた手続きを用いて事業の再生を図ります。

再建型手続きのメリットとしては、債権者による権利行使を一時的に禁止することで、債権者の強制執行等によって事業継続に必要な資産が差し押さえられ、事業の継続が困難になることを防止できることが先ず考えられます。
他にも、法定多数の債権者等が同意をして裁判所が認可すれば、債権者全員の同意を得ることができなくても、再建計画を成立させ事業の再生を図ることができます。

一方、法的手段を用いての事業再生が抱えるデメリットとしては、法的手続きを行っていることが公になることでイメージ的、経済的な損失が発生し、事業基盤が揺らいでしまう可能性があることや、弁護士費用等の負担があることが挙げられます。

法的手続きでは、裁判所が介在するため、手続きの透明性や公平性が担保され、債権者に対して法的拘束力を及ぼすことができます。
こうした手段も選択肢に入れておくことで、いざという場合にも迅速な対応が可能となるのです。

弁護士水野博之は横浜市中区を中心に神奈川県や東京都において、企業の再生をサポートいたしております。
法的手段によって事業再生をお考えの場合や中小企業再生支援協議会のご利用を検討の際には、是非とも当事務所にご相談ください。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 横浜にお住まいで個人再生を考えている方へ

    横浜にお住...

    個人再生手続とは、借金のすべてを法律で定められた金額まで強制的に減...

  • 自己破産

    自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務...

  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤・...

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神...

  • 暴力事件

    暴力事件

    暴力事件には、殺人事件や暴行・傷害事件をはじめ、脅迫・教養事件・公...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、精神的苦痛を慰めるために支払ってもらえるお金です。 ...

  • 労働条件

    労働条件

    「合意していないのに、一方的に賃金を引き下げると言われた」 「仕事...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

  • 死亡事故

    死亡事故

    死亡事故とは、被害者が死亡した事故を指します。死亡事故は財産的損害...

  • 債権回収

    債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえない...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ