就業 規則

解雇/就業 規則

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 就業 規則
就業 規則に関する基礎知識記事や事例
  • 解雇解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とされた場合にのみ、認められるものです。つまり、不当な解雇は法律上、認められていないのです。 また、会社の就業規則には、どういう場合...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故では、被害者と加害者の双方に過失がある場合が多いです。 ...

  • 解雇

    解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とさ...

  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤・...

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償は、民事上の責任です。 損害賠償には、積極損害、消極損害...

  • 経済・財産事件

    経済・財産事件

    経済・財産事件とは、他人(国・公共団体を含む)の財産を侵害する罪で...

  • 風評被害を訴えるには

    風評被害を...

    インターネット上の書き込みなどで風評被害を受けた場合には相手方を訴...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、精神的苦痛を慰めるために支払ってもらえるお金です。 ...

  • 後継者問題

    後継者問題

    事業を引き継いでくれる後継者が中々見つからないという場合、考えられ...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市|神奈川県|東京都

ページトップへ