薬物・麻薬事件

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市内)|薬物・麻薬事件

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. その他の相談に関する記事一覧 >
  3. 薬物・麻薬事件

薬物・麻薬事件

薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰則を規定している法律が違えば、その罰則の重さもそれぞれ違います。

しかし、いずれの薬物も依存性が高く、興味本位から乱用してしまい、ひとたび薬物依存症に陥ると薬物を断つことは大変難しく、薬物事件の再犯検挙率は55%前後で極めて再犯率の高い犯罪といえます。

また、たとえ薬物をやめられたとしても、倦怠感、疲労感などの症状はしばらく続き、薬物によって蝕まれた心身を元に戻すことには長い時間がかかるのです。

なお、このように薬物には非常に危険な性質を持ち合わせているので、自ら使用しなくとも「持っているだけ」「他人に手渡すだけ」でも犯罪になり、逮捕されます。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • サービス残業

    サービス残業

    会社が残業代を支払わずに従業員に残業をさせる、サービス残業。「みん...

  • 相続

    相続

    大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題...

  • 神奈川県の誹謗中傷依頼は当事務所へおまかせください

    神奈川県の...

    神奈川県にお住まいで誹謗中傷にお困りの方は、アレイナ法律事務所まで...

  • 刑事

    刑事

    刑事事件は、 ①捜査の開始 ②逮捕及び検察送致 ③勾留 ④...

  • 背任と横領の違い

    背任と横領の違い

    背任罪は、刑法247条で「人のためにその事務を処理する者が、自己若...

  • 会社の再生

    会社の再生

    企業経営において、債務を履行することができなくなってしまい不渡りを...

  • ネット上の風評被害対策

    ネット上の...

    「事実でない内容でネットが炎上してしまい、絶え間なく誹謗中傷が寄せ...

  • 薬物・麻薬事件

    薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰...

  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤・...

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ