薬物・麻薬事件

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市内)|薬物・麻薬事件

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. その他の相談に関する記事一覧 >
  3. 薬物・麻薬事件

薬物・麻薬事件

薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰則を規定している法律が違えば、その罰則の重さもそれぞれ違います。

しかし、いずれの薬物も依存性が高く、興味本位から乱用してしまい、ひとたび薬物依存症に陥ると薬物を断つことは大変難しく、薬物事件の再犯検挙率は55%前後で極めて再犯率の高い犯罪といえます。

また、たとえ薬物をやめられたとしても、倦怠感、疲労感などの症状はしばらく続き、薬物によって蝕まれた心身を元に戻すことには長い時間がかかるのです。

なお、このように薬物には非常に危険な性質を持ち合わせているので、自ら使用しなくとも「持っているだけ」「他人に手渡すだけ」でも犯罪になり、逮捕されます。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。 ...

  • 不動産

    不動産

    住空間としての不動産は、生活の本拠(拠点)であり、人生を形作る基盤...

  • 相続

    相続

    大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題...

  • 労務問題

    労務問題

    時間外労働に残業代の未払い、セクハラやパワハラと言った職場でのトラ...

  • 取引先との契約問題

    取引先との...

    企業を経営する場合には、必ず取引先というものが存在します。 こう...

  • 神奈川にお住まいで個人再生を考えている方へ

    神奈川にお...

    個人再生手続きは、自己破産程デメリットが大きくなく、任意整理と比較...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

  • 薬物・麻薬事件

    薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ