相続

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市内)|相続

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 家庭の法律問題(相続、離婚など)に関する記事一覧 >
  3. 相続

相続

大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題が「相続」。悲しみに沈んで何も考えられない、となってしまうのは当然のことですが、実は相続問題にとって最も大切なことは「適切に、そして素早く対処すること」なのです。

まず初めにしなければならないことは、死亡届の提出です。故人が亡くなった後、7日以内に役所に死亡届を提出しなければなりません。

しかし、急がなければいけないことはこれだけではありません。3ヶ月以内にしなければならないと決められた事がいくつも存在しています。

・遺言書の有無を確認
故人が遺言書を残していたのか、あるいは残さなかったのかを調べましょう。この遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類が存在し、それぞれ開封方法やその後の手続きが異なります。間違った対処をしてしまうとせっかくの遺言が無効になってしまう場合がありますので、各種類ごとに正しい対処ができるよう、細心の注意を払いましょう。

・法定相続人の調査
遺言書がなかった場合、法律で定められた配分率によって遺産を分配することになります。しかし、この際非常に重要なのが「法定相続人」の調査です。この調査をしっかり行わず、思わぬところから法定相続人が現れた、などという事になってしまうと、遺産分割協議をやり直さなければならなくなってしまいます。事前に故人の血縁関係を丁寧に調査しましょう。

・相続財産を調べる
故人の財産は、金銭だけとは限りません。土地や家屋など、分配が難しいものもあるかもしれません。また、親族が知らない財産がある可能性もあります。故人の財産がどこに、どの程度存在しているのか、その全体像を把握しておく必要があります。

・遺産分割協議を行う
この協議によって、何の遺産を誰が、どう相続するかを決定することになります。

このように、相続に関する手続きはあまりにも多く、その全てをお一人で行うことは心身共に大きな負担となってしまいます。弁護士水野博之は、相続をはじめとする幅広い法律のご相談に対し、親身にお応えさせていただいております。お悩みの場合は、まず一度、私たちにご相談ください。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 解雇

    解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とさ...

  • 労働災害

    労働災害

    「仕事中に怪我をしたにも関わらず、会社が労災保険の手続きをしてくれ...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で裁判手続きを経ないで行える借金減額方...

  • 相続

    相続

    大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題...

  • 発信者情報開示請求とは

    発信者情報...

    インターネットが生活に欠かせないものになる中でネット上の誹謗中傷や...

  • 会社の再生

    会社の再生

    企業経営において、債務を履行することができなくなってしまい不渡りを...

  • 過労死

    過労死

    過酷すぎる勤務の連続、その行き着く先が「過労死」です。ご本人の死亡...

  • 労働条件

    労働条件

    「合意していないのに、一方的に賃金を引き下げると言われた」 「仕事...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ