風評被害を訴えるには

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市内)|風評被害を訴えるには

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. その他の相談に関する記事一覧 >
  3. 風評被害を訴えるには

風評被害を訴えるには

インターネット上の書き込みなどで風評被害を受けた場合には相手方を訴えることが考えられます。その際には名誉毀損罪、信用毀損罪、業務妨害罪などが成立するとして刑事告訴することも考えられますが、相手方から賠償金を得たいと考える場合には相手方に対して不法行為に基づく損害賠償請求を民事裁判として提起することになります。
また、他人の名誉を毀損した者に対しては、裁判所は、被害者の請求により、損害賠償に代えて、又は損害賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。と民法に規定がありますから、風評被害を受けた場合は相手方に対して謝罪広告の掲載などが認められる場合もあります。
1度風評被害を受けると情報が拡散し、より大きな被害が生じてしまう恐れがありますから風評被害でお悩みの方はお早目に弁護士までご相談いただくことをお勧めいたします。

アレイナ横浜法律事務所は、風評被害、離婚、相続、男女問題、交通事故、その他多数の法律トラブルの解決に自信と実績があります。
みなとみらいや元町を中心として、神奈川県にお住まいのお客様から広くご相談を承っております。
風評被害などでお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 労働災害

    労働災害

    「仕事中に怪我をしたにも関わらず、会社が労災保険の手続きをしてくれ...

  • 過労死

    過労死

    過酷すぎる勤務の連続、その行き着く先が「過労死」です。ご本人の死亡...

  • 離婚

    離婚

    弁護士になってから10年近くがたちますが、これまでに多数の離婚の相...

  • 会社の再生

    会社の再生

    企業経営において、債務を履行することができなくなってしまい不渡りを...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。 ...

  • 発信者情報開示請求とは

    発信者情報...

    インターネットが生活に欠かせないものになる中でネット上の誹謗中傷や...

  • 労務問題

    労務問題

    時間外労働に残業代の未払い、セクハラやパワハラと言った職場でのトラ...

  • 2019年1月1日施行の著作権法改正の解説

    2019年...

    「著作権法の一部を改正する法律」は、平成30年5月25日に公布され...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ