少年事件

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)(神奈川県/横浜市内)|少年事件

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. その他の相談に関する記事一覧 >
  3. 少年事件

少年事件

少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。

少年事件では刑法やその他刑罰法規は適用されず、少年法が適用されます。

この少年法により、少年事件は、
①刑罰の目的(少年事件の場合、少年の健全な育成を期し、更生を図るためには教育が必要との考え方に基づき、原則として刑罰ではなく、保護処分に付される)

②手続きの流れ(少年事件は微罪処分や起訴猶予処分が認められない(全件送致主義))

③管轄の裁判所(少年事件の場合は家庭裁判所で非公開の審判が行われる)

など様々な点で通常の刑事事件(成人犯罪)と異なります。

また、少年保護審判の対象となる「非行のある少年」には、犯罪少年や触法少年、ぐ犯少年の3種類があり、上記の手続きをとるのは14歳以上20歳未満の少年である犯罪少年のみで、他の少年たちは、さらに異なる手続きを取ります。

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故では、被害者と加害者の双方に過失がある場合が多いです。 ...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害により、十分な判断能力...

  • 発信者情報開示請求とは

    発信者情報...

    インターネットが生活に欠かせないものになる中でネット上の誹謗中傷や...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、被害者が傷害を負った交通事故を指します。 人身事故...

  • 薬物・麻薬事件

    薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰...

  • 背任と横領の違い

    背任と横領の違い

    背任罪は、刑法247条で「人のためにその事務を処理する者が、自己若...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。 ...

  • 債権回収

    債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえない...

  • 神奈川にお住まいで個人再生を考えている方へ

    神奈川にお...

    個人再生手続きは、自己破産程デメリットが大きくなく、任意整理と比較...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ