覚せい剤 逮捕

薬物・麻薬事件/覚せい剤 逮捕

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 覚せい剤 逮捕
覚せい剤 逮捕に関する基礎知識記事や事例
  • 薬物・麻薬事件薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰則を規定している法律が違えば、その罰則の重さもそれぞれ違います。 しかし、いずれの薬物も依存性が高く、興味本位から乱用してしま...

  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神薬取締法で製造から輸入、所持、使用などがほぼ全面的に禁止されています(一部医療用の麻薬に関しては例外的に所持、使用が認められてい...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償は、民事上の責任です。 損害賠償には、積極損害、消極損害...

  • 個人再生の流れやスケジュール

    個人再生の...

    個人再生とは、法律に定められた規定に基づき借金を強制的に減額しても...

  • 相続

    相続

    大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題...

  • 取引先との契約問題

    取引先との...

    企業を経営する場合には、必ず取引先というものが存在します。 こう...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故で注意しなければならないのは、自賠責保険が適用されないとい...

  • 死亡事故

    死亡事故

    死亡事故とは、被害者が死亡した事故を指します。死亡事故は財産的損害...

  • 迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条...

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定する...

  • 後継者問題

    後継者問題

    事業を引き継いでくれる後継者が中々見つからないという場合、考えられ...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。 ...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)の主な対応地域

横浜市内|神奈川県|東京都

ページトップへ