働く人の法律問題(労働法など)に関する記事一覧

働く人の法律問題(労働法など)に関する相続、離婚、不動産、債務整理、労働法などの対応は弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)にお任せ下さい。

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 働く人の法律問題(労働法など)に関する記事一覧
働く人の法律問題(労働法など)

私たちの生活と、労働。その2つは密接に関係しており、切っても切れない関係にあります。
しかし一方、労働と法律もまた、表裏一体の関係にあります。
「残業代が支払われない」
「会社が労災保険の手続きをしてくれない」
「突然解雇され、どうしたら良いか分からない」
このような時、法律は私たちの心強い味方になってくれます。法律に頼り、法的な手段に訴えることで、解決の糸口を探ることが可能になるのです。

労働は、生活にとって非常に大切なものです。だからこそ、仕事でお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、私たちに一度ご相談ください。

働く人の法律問題(労働法など)に関する基礎知識や事例
  • 解雇解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とされた場合にのみ、認められるものです。つまり、不当な解雇は法律上、認められていないのです。 また、会社の就業規則には、どういう場合...

  • サービス残業サービス残業

    会社が残業代を支払わずに従業員に残業をさせる、サービス残業。「みんなやっているから」「どこの会社でも当たり前」、このように言われ、あるいは無理やりそう自分に言い聞かせてサービス残業に徹している方...

  • 労働災害労働災害

    「仕事中に怪我をしたにも関わらず、会社が労災保険の手続きをしてくれない」あるいは「健康保険の利用を勧めてくる」。これはいわゆる「労災隠し」であり、違法です。 この「労災隠し」について、厚生労働...

  • 過労死過労死

    過酷すぎる勤務の連続、その行き着く先が「過労死」です。ご本人の死亡が過労死に該当するか否かは、厚生労働省の認定基準に基づいて、労働基準監督局が判断します。 しかし、 「業務によって脳や心臓疾患...

  • 労働条件労働条件

    「合意していないのに、一方的に賃金を引き下げると言われた」 「仕事でミスをしたら、別部署への転属命令を出されてしまった」 会社にこのような対応をされてしまった場合、それが法律的に無効である場合...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故では、被害者と加害者の双方に過失がある場合が多いです。 ...

  • 後継者問題

    後継者問題

    事業を引き継いでくれる後継者が中々見つからないという場合、考えられ...

  • 離婚

    離婚

    弁護士になってから10年近くがたちますが、これまでに多数の離婚の相...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

  • 労働条件

    労働条件

    「合意していないのに、一方的に賃金を引き下げると言われた」 「仕事...

  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤・...

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、精神的苦痛を慰めるために支払ってもらえるお金です。 ...

  • 神奈川にお住まいで個人再生を考えている方へ

    神奈川にお...

    個人再生手続きは、自己破産程デメリットが大きくなく、任意整理と比較...

  • 労働災害

    労働災害

    「仕事中に怪我をしたにも関わらず、会社が労災保険の手続きをしてくれ...

ページトップへ