中小企業の法律問題に関する記事一覧

中小企業の法律問題に関する相続、離婚、不動産、債務整理、労働法などの対応は弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)にお任せ下さい。

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. 中小企業の法律問題に関する記事一覧
中小企業の法律問題

中小企業が抱える問題として考えられるのは、労務問題や債権回収、契約不履行に倒産問題など、経営に関して生じるありとあらゆることが対象となります。

近年、中小企業を取り巻くリスクは多様化し、その対応には様々なコストがかかるようになっています。
例えば、株主代表訴訟や人事問題、セクハラやパワハラといったハラスメント問題、
風評被害といった数々の問題には法律的な手段を用いて解決することが求められます。

大企業と異なり中小企業の場合には、事業規模や従業員数の数が限られているため、法務部を設けることや、弁護士と顧問契約をすることはあまり行われていません。
そのため、法律問題を日常的に相談する機会に乏しくなってしまい、法律問題や紛争に直面した場合、迅速に対応することが困難な場合が多くなっています。

弁護士水野博之は横浜市中区を中心に神奈川県や東京都において、中小企業の皆様の法律問題解決に尽力いたしております。
企業経営において問題が発生した場合、法律的に解決できることもありますので、お悩みの際は、是非とも当事務所にご相談ください。

中小企業の法律問題に関する基礎知識や事例
  • 債権回収債権回収

    商品の代金を支払ってもらえない場合や、貸したお金を返してもらえないという場合、お金の支払いを請求できる人のことを「債権者」と言い、お金を支払う義務がある人のことを「債務者」と言います。 そして、...

  • 労務問題労務問題

    時間外労働に残業代の未払い、セクハラやパワハラと言った職場でのトラブルのことを労務問題といいます。 こうした労務問題の相談件数は年々上昇し、平成24年には年間およそ107万件もの労働相談が寄せら...

  • 取引先との契約問題取引先との契約問題

    企業を経営する場合には、必ず取引先というものが存在します。 こうした事業間のビジネスのことを「BtoB」ビジネスと言います。そして、事業者間「BtoB」の取引において発生するトラブルとして多く...

  • 後継者問題後継者問題

    事業を引き継いでくれる後継者が中々見つからないという場合、考えられる選択肢は4つ存在します。 ここでは、各選択肢についてご紹介します。 ・親族の者に事業を継承させる 親族の者に事業を承継するこ...

  • 会社の再生会社の再生

    企業経営において、債務を履行することができなくなってしまい不渡りを起こしたり、リストラなどを行っても資金繰りに窮してしまい企業経営がこれ以上継続できないという場合には、法律的にも解決ができること...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。 ...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、被害者が傷害を負った交通事故を指します。 人身事故...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、精神的苦痛を慰めるために支払ってもらえるお金です。 ...

  • 解雇

    解雇

    解雇は本来、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」とさ...

  • 刑事

    刑事

    刑事事件は、 ①捜査の開始 ②逮捕及び検察送致 ③勾留 ④...

  • 後遺障害

    後遺障害

    人身事故では、後遺障害に対する損害賠償も問題になります。 後遺障...

  • 労務問題

    労務問題

    時間外労働に残業代の未払い、セクハラやパワハラと言った職場でのトラ...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害により、十分な判断能力...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

ページトップへ