その他の相談に関する記事一覧

その他の相談に関する相続、離婚、不動産、債務整理、労働法などの対応は弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)にお任せ下さい。

  1. 弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所) >
  2. その他の相談に関する記事一覧
その他の相談

これらの分野の他に、当事務所では以下のご相談も承っております。

■刑事事件
・暴力事件
・性犯罪事件
・薬物・麻薬事件
・経済・財産事件
・少年事件

刑事事件では、迅速かつ適切に対応すれば、早期に釈放され、不起訴になることも多いです。

その結果、会社を辞めないで済み、元の日常生活を取り戻すことができるケースは非常に多いです。

当事務所は、刑事被告人の弁護をお引き受けし、ご依頼主様を全力でサポートしていきます。

■不動産
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

•地主から建物を取り壊して、土地を明け渡せと請求されている
•賃借人が家賃を支払ってくれないので、出て行ってもらいたい
•マイホームを購入する契約をしたが、解約したい

不動産に関するトラブルは、法律的な知識がないと思わぬ支払いを求められたり、 財産をみすみす失ったりすることになりかねません。

上記のような問題を抱えてしまった場合には、早期に弁護士に相談されることをおすすめいたします。

弁護士水野博之は、法律問題のプロフェッショナルが、ご依頼者の「分身」(Avatar)として、ご希望に沿った解決を目標に活動いたします。

また、司法書士、税理士、建築士、不動産鑑定士などの他士業との連携を取り、迅速かつ適切な解決を図ります。

当事務所は、横浜市中区を中心に神奈川県、東京都の様々な法律相談を承っております。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

その他の相談に関する基礎知識や事例
  • 刑事刑事

    刑事事件は、 ①捜査の開始 ②逮捕及び検察送致 ③勾留 ④処分の決定 という流れで進められ、一般的な民事事件に比べ、迅速かつ適切な対応が求められます。 なぜなら、刑事手続きには警察官...

  • 暴力事件暴力事件

    暴力事件には、殺人事件や暴行・傷害事件をはじめ、脅迫・教養事件・公務執行妨害事件・器物損壊事件などを含みます。 「些細なケンカや口論から…」「酔った勢いで、つい・・・」など、ちょっとしたことが...

  • 性犯罪事件性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わいせつ罪、強姦罪、児童買春等、さまざまな種類がありますが、一概に性犯罪といえども、罪名が異なれば罰則の重さも異なり、弁護活動も大...

  • 薬物・麻薬事件薬物・麻薬事件

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚せい剤、大麻などで、それぞれ罰則を規定している法律が違えば、その罰則の重さもそれぞれ違います。 しかし、いずれの薬物も依存性が高く、興味本位から乱用してしま...

  • 経済・財産事件経済・財産事件

    経済・財産事件とは、他人(国・公共団体を含む)の財産を侵害する罪であり、窃盗(万引き)や詐欺、横領、背任、強盗、恐喝、器物損壊などの様々な種類があります。 これは財産に対する罪である点で、生命...

  • 少年事件少年事件

    少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件をいいます。 少年事件では刑法やその他刑罰法規は適用されず、少年法が適用されます。 この少年法により、少年事件は、 ①刑罰の目的(少年事件...

  • 不動産不動産

    住空間としての不動産は、生活の本拠(拠点)であり、人生を形作る基盤として欠かせない場所です。 それゆえ、不動産の売買契約をはじめ、不動産の明け渡し、立ち退き交渉、借地権問題、建物請負契約をめぐ...

  • 迷惑防止条例違反とは迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条例とは、公共団体が制定している条例(憲法94条で制定することが認められ、制定された公共団体内でのみ効力を持つもの)の一つであり、正式には公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に...

  • 横領罪とは横領罪とは

    横領とは、不法に他人や公共の財物を自分のものとしたり、処分(利用する、第三者へ譲渡するなど)したりすることとされています。 刑法上、横領という言葉の付く犯罪には単純横領罪、業務上横領罪、遺失物...

  • 覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合覚せい剤・大麻使用で逮捕された場合

    覚せい剤や大麻などの麻薬に関しては、覚せい剤取締法や麻薬及び向精神薬取締法で製造から輸入、所持、使用などがほぼ全面的に禁止されています(一部医療用の麻薬に関しては例外的に所持、使用が認められてい...

  • 背任と横領の違い背任と横領の違い

    背任罪は、刑法247条で「人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加え」ることとされています。 ...

弁護士 水野 博之(アレイナ横浜法律事務所)が提供する基礎知識

  • 後遺障害

    後遺障害

    人身事故では、後遺障害に対する損害賠償も問題になります。 後遺障...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、被害者が傷害を負った交通事故を指します。 人身事故...

  • 相続

    相続

    大切なご家族が亡くなってしまった時、降って湧いたように発生する問題...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償は、民事上の責任です。 損害賠償には、積極損害、消極損害...

  • 背任と横領の違い

    背任と横領の違い

    背任罪は、刑法247条で「人のためにその事務を処理する者が、自己若...

  • 不動産

    不動産

    住空間としての不動産は、生活の本拠(拠点)であり、人生を形作る基盤...

  • 横浜にお住まいで個人再生を考えている方へ

    横浜にお住...

    個人再生手続とは、借金のすべてを法律で定められた金額まで強制的に減...

  • 遺言

    遺言

    遺言とは、まさしく「故人の生前の意思を尊重」し、「死後にその意思を...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で裁判手続きを経ないで行える借金減額方...

ページトップへ